〜就業支援一筋19年のプロがつくった「就活塾」〜【家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活塾】「親子就活時代の就活塾」ノウハウ全公開・・・その39

人材ビジネスで成功するヒント

〜就業支援一筋19年のプロがつくった「就活塾」〜【家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活塾】「親子就活時代の就活塾」ノウハウ全公開・・・その39

白根陸夫■講座卒業生のみなさまへ・・・「PCCニュース」配信します。
白根陸夫が「キャリア・ブレーン及びジピカの主宰する養成講座」卒業生に限定して発信する「PCCニュース」を未受信の卒業生は、修了証bニ氏名をご連絡ください。
shirane@cb-tokyo.co.jp 毎週1回・月曜日定期発信しています。
すぐ使える情報満載、大好評! 独立起業志望者必読!

◆本法人 創業の理念◆
【 プロの「カウンセラー」「コーチ」の養成から
独立開業まで一貫して支援する本邦唯一の専門教育機関 】

2017年(平成29年)の目標と方策
・プロを目指す者が修得すべきノウハウを教える(主宰者の起業体験談)
・今年のマーケティグ戦略:『創業22年間に渡り蓄積したノウハウを汎用化する』
・経営基本戦略:「人と同じことをしない」「人と違ったことをする」
⇔土俵を変える⇔競争しない競争戦略の実践※
・講座卒業生の自宅でできる独立開業支援のしくみづくり

◆満52歳・平成7年CB創業、2016年8月8日・創業22年を迎えることができました!
時宜に合せてさらに充実したサービス考え、具体化して卒業生に提供していきます!
創業の理念【 プロの「キャリア・カウンセラー」/プロの「コーチ」養成から独立開業まで一貫して支援する本邦唯一の専門教育機関 】を実践するため、2017年は次のことを念頭におき経営していきます。
1 卒業生の知名度を上げるため、講座主宰者と合同セミナーを開催する。
2 卒業生同志のつながりを強化するため活躍や動向を広く周知する。
3 卒業生の独立開業に必須の拡販パンフレット等のデータをひろく提供する。
4 拡販活動が疑似体験できる主宰者の毎日の営業活動と成果を公開する。
5 力を合わせて受注力を強化するコンソーシアム営業の実例を公開する。

※土俵を変える⇔競争しない競争戦略とは・・・
〜競争の激しい市場でいかに圧倒的なナンバーワンとなり、その地位を守るか〜
そのコツは三つ・・・
・市場ニーズ(少子化/高齢化/老後貧困化/生涯現役志向)に合わせて土俵を変える。
・自身のつよみ(リソース⇒経験)に特化したサービスを開発し、継続して売り込む。
・商材開発/販売戦術において市場差別化と市場細分化を徹底して実行する。

【本号の情報】
2016年(平成28年)年末にあたりこれからの事業の方向を展望します。
創業以来22年「キャリア開発」一筋に事業を展開していますが、少子高齢化の影響で最近の市場が大きく変貌していることを実感しています。

【本号の情報】第10711号 2017年1月3日発行【PCCニュースより】
<今までにない中高年社員の再活性化研修>【無料セミナー ご案内】
新年明けましておめでとうございます。
平成27年度東商人材情報プラザ登録企業懇談会(2015.5.15)にて『人生80年時代のキャリア・ビジョン』をテーマに講演をさせていただきました「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー(R)」の白根陸夫です。
その節は大変お世話になりました。
このテーマを具現化した2日間の実践的な研修プログラム
<グランドキャリア・チャレンジプログラム>を大手研修専門会社と共同開発しました。
「無料セミナー」を次の通り開催します。セミナー要旨(3枚)を添付させていただきます。
P2・第1部の「会社人生総仕上げ世代/こころのエネルギー源を高める/守りから攻めモードへ」が<今までにない再活性化研修>を謳う所以です。お仕事柄必ずお役に立つ情報と存じます。万障お繰り合わせの上ご来場賜りたく、ご案内申し上げます。
◆日 時 平成29年1月○○日(○)午後○時〜午後○時(開場 午後○時○○分)
◆場 所 ○○○○○○○○
会場にてお会いできますことを楽しみにしております。
まずは取り急ぎご案内まで。 敬 具

【開発の背景】
その1:人生100年時代の長寿社会において、労働人口のボリュームゾーンである中高年層(45歳以上)をフル活用することは、日本企業の大きな課題となりつつあります。
その2:一方で社員側から見ても、40代後半は、職場や家庭環境の変化、心身における 老いの顕在化など、人生の大変化期であり、低意欲化やストレスによる「こころの危機」に直面する中高年社員も増加しています。
その3:そこで、キャリア人生の後半戦で2度目の新人研修として「こころのエネルギー 源を高め」「やる気を具現化し」「社内で使命をまっとうする」新しいキャリア開発プログラムを提供。
その4:2025年(約10年後)の労働人口のボリュームゾーンである「中高年層(45歳以上)を どうフル活用するか」は、もはや先送りできない課題ではないでしょうか?
これまでの社員研修は、下記のような先入観で中高年層を研修対象から外していたのでは?
企業(雇用主)サイド       社員(中高年)サイド
若者中心の人材確保モデル  時間の有限性の意識
↓ ↓
中高年への関心が低い     「もう症候群」←
↓ ↑
活用しない ⇔⇔⇔⇔⇔⇔ 低意欲化する ↑
〜「中高年=あと○○年の人」 このイメージの払拭!〜

<新しい研修プログラムの全体像>
対象者:会社人生総仕上げ世代
※定年までの残り10〜15年のモチベーションを上げ、社命をまっとうして生涯現役を指向する人。
■第一部(1h)「こころのエネルギー源を高める」〜守りから攻めモードへ〜
●守りモードの発生
・中高年期に入ると「人生の時間の有限性」を意識するようになります。
⇒ 「もう半分以上が過ぎてしまった……」
・この認識をもとに完全燃焼を目指す人もいますが、多くの人はここから「自己限定」
 「守り」へと進みます。
自分にはもう「やり直し」の時間はない
⇒ 「今やっていること」以外に自分にできることはない
⇒ 「今の状態」を変えたくない(守りたい)

●攻めモードの人とは?
・「攻めモード」の人は、時間の捉え方が普通の人とは少し異なります。
・そもそも「有限性」を意識しない
⇒ まだいくらでも時間はある
・「有限」だからこそ「いまやらねば」と考ええる
⇒ 時間があるかどうかは関係ない(あると信じるしかない)
・自分にはまだ時間がある
⇒ 新しいことにどんどん挑戦し「今とは違う状態」にどんどん進んでいきたい。

●攻めモードになるためのエネルギー源を探す
・大切なもの ⇒ 家族、友人、同僚、ナンバーワンの誇り
・目標、ビジョン ⇒ 成果目標、会社/社会/人生のビジョン
・探求心 ⇒ 専門分野、仕事以外、クリエイティブ

■第二部(1h)「人生100年時代のキャリア・ビジョン」
目標を明確に認識、仕事に全力投球して成果を上げる!余勢を駆って生涯現役を実現する!
「何を目標として」「自分は何ができて」「何をしたいのか」を具体的に作る

●<定年前> 社内で使命をまっとうする
⇒ 組織に貢献できる役割を自身で明確にする
「何を目標として」 ……定年到達時の仕事目標を決める
「自分は何ができて……仕事目標達成に必須の能力を知る
「何をしたいのか」 ……自分の仕事目標と組織の期待に整合を図る

●<定年後>
・社外に打って出る
⇒ 定年後の再就職はどんな目標で、どうしたら成功するか?
最強の売り込みツールづくりと自分流のセルフ・マーケティングのやり方
・思い切って起業する
⇒ 定年後の起業は、どんな目標で、どうしたら成功するか?
新サービス創出のコツ「こうすれば開業初年度から黒字経営ができる!」

グランドキャリアチャレンジプログラム無料体験のご案内
◆グランドキャリア・チャレンジプログラムの特徴(ウリ)は第一部と第二部を一体化した二日間研修、
或いは、第一部と第二部を別々に一日間研修できるよう設計していることです。
これまでの中高年向けキャリア開発研修は第二部のみのプログラムが主体でした。
受講者の中には社外転出促進研修のイメージを先入観として持つ人がおりまして、
せっかくの研修が効果を上げないことも多くこの意識をなくすことが課題となっていました。
第一部を動機づけ研修と位置付けることによってこの研修の販路を拡大することができました。
われわれはサービスを売っていますが、思うように売れないのは、このような弱みがあるからではないか、なにかを付加することによって飛躍的に販路を拡大することが出来ないかをつねに考え、的確な手を打つことによって勝機を創造することができます。
組織に属する卒業生、独立自営の卒業生ともども、提供するサービスに対するクライアントの満足度をさらに高めるには、なにを付加したらよいかを考え、策を講じることによって経営基本戦略である「人と同じことをしない」「人と違ったことをする」が生きたものになります。

【ご参考】以下、同報メールによるご案内です(大手企業 首都圏 人事部3000社)。
※参考見本ですので本セミナーへの参加申し込みはできません。詳細を知りたい場合は
キャリア・ブレーンまでお問い合わせください。
突然ですが、一般に、45歳以上の中高年社員は
「攻めモード」から「守りモード」になる傾向があるといわれています。
皆さまに是非知っていただきたい新しい研修プログラムがあります。
その名は『グランドキャリア・チャレンジプログラム』。
研修目的は、ずばり【中高年社員の更なる活性化】です。
=====================
無料体験セミナーお申込みは以下URLをクリック
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
=====================
「・・・中高年社員とは、そういうものでは?」
そう思われる方も多いかもしれません。
しかし、その考えの方は企業経営にとって、大きなリスクです。
なぜでしょう?
その答えは、10年後の「2025年の労働人口」にあります。
労働人口の最大のボリュームゾーン、それは「45歳〜65歳」の【中高年層】です。
もし、そのゾーンの社員が「守りモード」であったなら?
企業の生産性は当然、著しく低下することが懸念されます。
逆に、45歳〜65歳の中高年社員が「攻めモード」になれば・・・。
申し上げるまでもなく、企業の生産性は大きく向上します。
御社の研修は、これまで若手や一部の幹部社員中心ではなかったでしょうか?
しかし、少子高齢化も進むなか、このような「中高年社員」の更なる再活性化の研修は、企業にとって極めて重要なテーマとなってきました。
===================
2017年X月XX日(X)
「グランドキャリア・チャレンジプログラム」の
無料体験セミナーのご案内
===================
〇第一部は中高年社員の「こころのエネルギーを高め」、
「守りモード」から「攻めモード」になっていただく
研修を体験いただけます。
XXXXXX講師より骨子を紹介させていただきます。
〇第二部は、
第一部で「攻めモード」になった方に次のステップとして
定年まで社命をまっとうするために「何を目標として」「自分は何が出来て」「何をしたいのか」を具体的に作り込む研修を体験いただけます。
中高齢層のキャリア支援では随一の株式会社キャリア・ブレーンの代表取締役の白根陸夫講師よりご紹介させていただきます。
是非ご参加をお待ちしております。
※すでにお申込みが入り始めておりますので、お申込みは、お急ぎください。

商機はまさに目の前にあるのです! 白根陸夫 【次号も話題満載です・続く】


■他に類を見ないノウハウ・卓抜したスキルを修得しライバルに圧倒的な差をつけよう!
高品質なサービスを提供し続けるには先輩の現場成功体験に学ぶことが秘訣です。
ジピカHPの「出版物ご案内」をクリックしてください!


■自己開発・新ビジネス創造のために、以下8種類の「ブログ」の併読を勧めます。

【竹内 和美先生のブログ】
「コーチング事例集」

【井口隆三郎先生ブログ】
「どこも教えない就職活動のヒント」

【饗場俊行 就活支援事業部長ブログ】
「プロが教える親子就活成功のコツ」

【武田 直美先生ブログ】
「心くばり介護道の真髄とは」

【堺野幸枝先生】
「最上級の介護サービスとは」

【白根陸夫ブログ】
「人材ビジネスで成功するヒント」

【エイジング・アドバイザー®養成講座講師陣のブログ】
「<生涯現役時代>の有望資格 エイジング・アドバイザー®」

【NPO/日本エイジング・アドバイザー協会講師陣のブログ】
「<人生の羅針盤>をエイジング・プラン・ノート®でつくろう」




白根 陸夫白根 陸夫(しらね りくお)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
エイジング・アドバイザー®
認定エグゼクティブ・コーチ

講師プロフィールを見る

« 〜就業支援一筋19年のプロがつくった「就活塾」〜【家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活塾】「親子就活時代の就活塾」ノウハウ全公開・・・その38 | どこも教えない転職活動のヒントのトップへ

トラックバック

http://careerbrain.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1167

カレンダー
2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック