9、一味違った職務経歴書の書き方、その2

どこも教えない転職活動のヒント

9、一味違った職務経歴書の書き方、その2

「転職活動は一番力のある者でなく一番準備した者が勝つ」と言われています。
前回まで、「専門分野別経歴書」の作成ポイントをお話しました。
今回はこの「専門分野」をどのようにアピールしたら転職希望先相手の心を打ち、あなたに興味を持たせるか?面白そうだ一度会ってみたいと思わせるか?をお話ししましょう。

1.「自分の専門分野」と「売れる専門分野」との関係について
「専門分野」と言っても「売りたい専門分野」と売る相手が必要とする「売れる専門分野」とがあります。
つまり自分の得意とする専門分野でも相手が必要としなければ価値がありません。
各々について説明しましょう。
*「自分の売りたい専門分野」
前回までに明らかにした「専門分野」は自分の実績・貢献度合いの中で自信のある売りたい部分です。
前回の事例でみると下記の通りです。
自分として最も売りたい専門分野ベスト4とします。
@人材育成
A営業管理
B営業企画
C商品管理
各専門分野について詳細を箇条書きに説明を加えます。
これらは時系列職務経歴書の「実績・貢献度合い」の部分を自分の専門分野として簡潔にまとめたものです

*「売れる専門分野」
 ここで気をつけたいのは転職希望先の相手は採用する人材に何を求めているか?
です。相手はどのような実績・貢献度を求めているか?です。
相手が求めている専門分野ベストは次の分野かもしれません
@営業企画
A営業管理
B新規開拓営業
C安全管理

 「売りたい分野」と「売れる分野」は同じ場合もありますが相手によっては違う場合もあり得るのです。
自分中心でなく、貴方を採用したいと思っている相手中心です。
相手によってさらに自分の専門分野の表現を変えなければなりません。
相手は必要な時、必要な人材を、必要な数だけ採用するのです。

2.専門分野に「魅力的なサブタイトル」をつける。
  「専門分野」の表現は一般ビジネスパーソンに通用する表現にします。
そうなると特異性もありませんし、差別化も出来ません。
相手に「おっ!なにこれ!おもしろそう!一度会ってみたい!」
と思わせる必要があります。
専門分野(メインタイトルと考える)に輝きを持たせるような魅力的サブタイトルをつけることが大切です。
映画の予告編と考えてもいいと思います。
本編をどうしても見たくなる魅力にあふれている予告編があれば興業成績は間違いありません。
例えば前例の専門分野「新規開拓営業」にサブタイトルを付ける事によって相手が関心を持ちそうな魅力あるものにするのです。
EX B新規開拓営業・・・狙った相手は逃がさない!新規はお任せ下さい!
魅力的サブタイトル一つで相手をひきつける事も出来ます。

専門分野別職務経歴書は面接対策にもなります。また一つの事をやり遂げて退職した職業(例えば自衛官、警察官、行政官、教師、大手企業の専門職等々)が民間企業を目指す場合も有効な対策にもなります。
次回はもう少し突っ込んだお話をしましょう。
お楽しみに。

キャリア・カウンセリング お申込みメールの宛先はこちら

井口隆三郎井口隆三郎プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
エイジング・アドバイザー®
認定エグゼクティブ・コーチ

講師プロフィールを見る

« 8、一味違った職務経歴書の書き方、その1 | どこも教えない転職活動のヒントのトップへ | @失敗体験:客観的で正確な自己判断は「自分を売り込む」大切な要素 »

トラックバック

http://careerbrain.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1166

カレンダー
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のコメント
最近のトラックバック