Eキャリア・ビジョンを明確に・・・自己開発計画をつくる

どこも教えない転職活動のヒント

Eキャリア・ビジョンを明確に・・・自己開発計画をつくる

「転職活動は一番力のある者でなく一番準備した者が勝つ」と言われています。
自分は転職をとおして「何時までに、どうなりたいか?どうしたいか?」つまりキャリア・ビジョン(今後進みたい仕事上での明確な方向性)を明確にしておくことは準備として大切な事です。
転職という荒波を乗り越えるのにはしっかりとした「航海図」が必要です。
それが「キャリア・ビジョン」です。

転職活動に向けて目標をしっかり定め、細かい活動計画を作ってしっかり進んでいく。
もし「キャリア・ビジョン」があやふやの場合、何かが起こった時に気持ちが
ぐらつき、あとで悔やむことがおこります。
私が正社員を目標に転職活動をしていた時です。「正社員募集」というキーワ
ードに魅了されその企業を訪ねました。
「残念ですけれどもう正社員は決まってしまいました。給与、その他条件をす
こし考えますので正社員以外でどうですか?」
なに? 正社員無し?・・・「正社員募集」って何?
「正社員は無理ですけれど給与等を考えますが如何ですか?」
その時は心が動揺しました。気持ちがぐらつきました。
もしその時、給与増額等に妥協し再就職先を選んでいたらどうでしょうか?多
分しばらくしたら嫌になっていたかも知れません。
「キャリア・ビジョン」が明確になっていたら気持ちがぐらつくことは無かっ
たと思います。
就職、転職とも「キャリア・ビジョン」が明確になっていない場合ある時期を
過ぎるとせっかく得た仕事に対して「こんなはずでなかった!」という思いが出てくる可能性が大です。いわゆる「ミスマッチ」です。
「ミスマッチ」の原因を考えて見ましょう
まず一つは「業種、職種」です。
転職、再就職にあたってしっかり自己分析して自分にピッタリの業種、職種は
何か?
自分の「キャリア・ビジョン」にマッチした業種なのか?職種なのか?をしっ
かり見極めることです。
その他に「ミスマッチ」の原因として「賃金」「雇用形態」「条件」「勤務地」
等々あります。
転職に当たっては全てのビジョンを満たすことは出来ないかも知れません。しかし「キャリア・ビジョン」を明確にすることによって、他はともかくこれだけは譲れないものがはっきりします。
転職に対して一本背骨をしっかり通しておくことが大切です。つまり「キャリ
ア・ビジョン」を明確にして転職活動を行うことが必要です。
転職希望の方、再就職希望の方の中には「自分は何を目指せばいいのか?」分
からない方もいらっしゃいます。
とにかく転職したい!再就職しなければ!・・・焦りも出て「航海図」なしで
荒海に漕ぎ出す方がいらっしゃいます。
特に昨今の売り手市場と言われる時代こそ、しっかりとした「キャリア・ビジ
ョン」を明確にしてから活動すべきと考えます。
次回は具体的方法をお話ししましょう。お楽しみに!

« D天職探索…あなたの天職はなに? | どこも教えない転職活動のヒントのトップへ | Fこれからの私(自己開発計画)は?(その1) »

トラックバック

http://careerbrain.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1178

カレンダー
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最近のコメント
最近のトラックバック