どうやって「売れ値」を高めるか?その2

どこも教えない転職活動のヒント

どうやって「売れ値」を高めるか?その2

(1)「態度に表れる価値観・情熱」についてのアセスメント

「転職活動は一番力のある者でなく一番準備した者が勝つ」と言われています。
前回はご自分の「市場価格(売れ値)」を高める一つとしてビジネス基礎能力の中の「応用力と実行力」のお話をしました
如何でしたでしょうか?
皆さんが今まで身に付けてこられた、高値で売ることのできる「応用力」「実行力」は明確になりましたでしょうか?
今回はビジネス基礎能力としてもう一つ大切な「態度に表れる価値観・情熱」についてお話しましょう。

直接的なビジネス上の問題でなくてもいろいろな場面で表れる価値観・情熱がどうなっているか?です。それらはビジネス上でもプライベート上でも表れます。
その人が持っている基本的価値、いわば人間力でもあります。
その人が仕事に向かう基本的な価値観、基本的な姿勢、考え方です。
いくらビジネスパーソンとして「応用力」「実行力」が優れていてもその土台となる「人間力」がしっかりしていないといずれボロが出てしまう可能性はあります。
「態度に表れる価値観・情熱」は下記のようなものがあります。
@仕事に対する姿勢
A他人に対する姿勢
Bお客様に対する姿勢
C時間に対する姿勢
Dコスト管理に対する姿勢
E情熱に対する姿勢
F知識・能力向上に対する姿勢
G問題(失敗)に対する姿勢
等々です。
これらはいつもビジネスパーソンとしての価値観・情熱として表れるものです。
一例としてあなたの「仕事に対する姿勢」は如何でしょうか?自分自身を真摯に評価してみましょう。
「仕事に対する姿勢」とはご自身の仕事について、いつも情熱をもって取組み、常により高い目標設定を自ら行い、達成のために努力をしているかどうかと言う事です。
いつも「仕事に対する姿勢」は高く保たれていますでしょうか?
今のご自分を考え方、現状を真摯に見つめてください。
そして総合的に判断して5段階で評価して下さい。
□高い □やや高い □普通 □やや低い □低い

次はA「他人に対する姿勢」からG「問題(失敗)に対する姿勢」まで全て評価して下さい。
提示した全ての「態度に表れる価値観・情熱」を評価した後、「高い」「やや高い」に評価した能力のベスト3を選んでください。
ベスト3が転職希望先または転職希望業種で「売れ値」の高いものです。
そしてその能力がいかに高いかを説明して下さい。
その理由を自問自答してみてください。
・なぜ、それが高いと言えるのか?本当に高いと言えるのか?
・どうして、そういえるのか?その根拠は、その証拠はどこにあるのか?
・高いと言える実績・貢献度は何があるのか?
すべて書き出して簡潔にまとめて記入ください。
これを読んだ相手が「なるほど!この人は確かに素晴らしい価値観と情熱を持っているようだ」「この人に一度会ってみたい」と思わせるような工夫がいります。
転職活動においては市場価格の高い自分を見つけて、相手が納得するように売り込むことが必要です。
また次回をお楽しみに。

キャリア・カウンセリング お申込みメールの宛先はこちら

井口隆三郎井口隆三郎プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
エイジング・アドバイザー®
認定エグゼクティブ・コーチ

講師プロフィールを見る

« どうやって「売れ値」を高めるか? | どこも教えない転職活動のヒントのトップへ | 5、業務以外のもの、人間的魅力にも「売れ値」を高める価値がある »

トラックバック

http://careerbrain.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1151

カレンダー
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近のコメント
最近のトラックバック